甘いもの食べすぎると糖尿病になると言われていますが、実際はどうなのでしょうか。糖尿病は患者数が多いにも関わらず、誤解が多い病気です。糖尿病は一度発症してしまえば、完治することはありません。糖尿病は早期発見が重要なので、まずは検査から始めましょう。

  • ホーム
  • 糖尿病の治療方法と治療薬について

糖尿病の治療方法と治療薬について

ニコニコする男の医者

糖尿病の治療は、薬剤の経口投与やインスリン注射のほか、食事療法や日常的な運動療法の実施など生活習慣の改善が主です。
インスリンの分泌量が極端に少ないケースや、そもそもインスリンが分泌されていないなど重度の糖尿病の場合は、毎食後もしくは一日数回に分けて直接インスリン注射を打つのが一般的です。
インスリンは血液中に存在する糖分を蓄えたりエネルギーに変えることで、血糖値を抑える働きがあるため、注射によってインスリンを補充することで血糖値をコントロールします。
一方で低血糖に注意する必要もあります。

経口投与の治療薬としては、糖質の吸収を遅らせる働きがあるアカルボースを成分とするグルコバイがあります。
膵臓に直接働きかけてインスリンの分泌を促す薬のほか、インスリンの働きを良くするものなど病状に合わせて様々な種類の薬が処方されます。

食後は特に糖質が吸収され血糖値が上昇するため、薬剤によるインスリン分泌の促進や糖質吸収の阻害は効果を発揮します。
糖質は主に小腸で吸収されますが、アカルボース成分はαグルコシダーゼ酵素の働きを阻害し、糖類のブドウ糖への分解を遅らせることで、食後の高血糖を緩和する働きがあります。
インスリン注射ほど低血糖に注意する必要が無いのがメリットです。

糖尿病では薬剤の治療以外に、生活習慣の改善も実施します。
食事は栄養バランスを考慮するとともに、毎食ごとに糖質の量を細かく計算し、一定の範囲に収まるようメニューを調整する必要があるため、食品の栄養に関する知識も重要です。
例えば、米や小麦の炭水化物は糖質も含んでいますが、ブドウ糖とは異なり吸収に時間が掛かります。
血糖値の上がりやすさを示す値にGI値があり、この値を参考にしたメニュー作りが求められます。

運動は血糖値の上昇と密接な関係があり、血糖病患者にとって運動療法は必須です。
効果的とされているのは毎食後の有酸素運動で、軽いジョギングや早歩きなど、若干の疲労を実感できる有酸素運動は、血液の循環を良くするほか、吸収した糖分がエネルギーへと変換されるため食後の高血糖を抑えることに繋がります。

糖尿病の食事療法・運動療法の内容について

糖尿病を治療するにはまず、摂取カロリーを控える必要があります。
これまで暴飲暴食をしていた人は必ず、ご飯の量を減らすようにするのが基本的な食事療法となります。

特に、白米は思っているよりもカロリーが高く炭水化物が多く含まれています。
脂質もありますので、太ってしまう原因にもなります。

多くのごはんを食べていた人は、大盛りを控えるなどして摂取カロリーの制限をしてください。
もちろん、食べなさすぎも身体に悪いので栄養バランスが非常に重要です。
偏りのないような食事の内容を心がけるようにしましょう。

糖質は主に小腸で吸収されるのですが、特にアカルボース成分が含まれるグルコバイはαグルコシダーゼ酵素の働きを阻害すると言われてます。
そのため、食後の高血糖を緩和する働きがあります。
グルコバイを取るのも効果的と言えるでしょう。
また、食事療法の他には運動療法もおすすめです。
有酸素運動をすることによって、血液の循環がよくなります。

食後すぐに運動をすると、血糖の上昇を抑えてくれます。
おなかが痛くならない程度にジョギングをしたり、散歩をするといいでしょう。
少なくとも30分以上は運動をしてください。
10分程度では効果が期待できません。
カロリーを消費しつつ、血糖を抑えるためには1時間くらいが目安となります。
自宅のひとつ前の駅で降りて徒歩で帰ったり、なるべく階段を使うなどの工夫も効果的です。
自分でできる範囲でもいいので、糖尿病の傾向がある人は毎日の生活に運動を取り入れていきましょう。
少しずつ改善されていき、最終的にはヘモグロビンa1の数値が落ち着いていきます。
定期的に病院に行って診察をすることも重要なので忘れないでください。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧